自費診療

自費診療イメージ

自費診療とは、保険適用外による診察、検査、治療となります。そのため費用は全額自己負担となりますが、保険適用されていない治療や匿名での受診が可能です。当院では男性型脱毛症(AGA)治療、巻き爪マイスターによる、自費診療(自由診療)を行っています。

男性型脱毛症(AGA)治療

男性型脱毛症(AGA/Androgenetic Alopeciaの略)は男性ホルモンの影響による脱毛症で、思春期以降に発症するようになります。

発症のメカニズムですが、これは毛包の毛乳頭細胞や毛母細胞に存在する「Ⅱ型5αリダクターゼ(還元酵素)」が、男性ホルモンである「テストステロン」を、より強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」に変換する特徴を持っています。このジヒドロテストステロンが毛母細胞の分裂を抑制することで、AGAが発症するようになると言われています。

AGAの特徴ですが、前頭部と頭頂部の毛髪がヘアサイクルを繰り返していく度に軟毛化して薄くなっていき、最終的には毛髪がない状態になってしまいます。この前頭部と頭頂部に症状が現れるのは、Ⅱ型5αリダクターゼが同部位の細胞に存在しているからと言われています。

治療としては、このⅡ型5αリダクターゼの働きを阻害するフィナステリドや、フィナステリドよりもさらに強力とされるデュタステリドという内服薬を使用していきます。これらはAGAの進行を止める効果があると言われているものです。このほか、効果をより高めるためにミノキシジル(主に外用薬)を併用することもあります。これはもともと血圧降下薬として開発されたもので、同薬の使用によって体毛が濃くなる症状がみられるようになったことから薄毛治療に転用されたというものです。

多くは6ヵ月以上の投与によって、効果を実感でき始める例が多く、また使用をやめると再びAGAが進行します。そのため根気よく続けることが大切ですので、患者様に合わせた治療方針を、丁寧にご説明しながら決定し、治療を進めていきます。

副作用に関してですが、AGAの内服治療薬では、男性機能の低下(性欲減退、勃起不全 など)、抑うつ症状、乳房の女性化などがみられることがあります。このほか、肝臓にも負荷がかかるので、あらかじめAGA内服治療薬服用前の肝機能の数値と服用してからの肝機能の数値を比較し、投与が適切かどうかもみていきます。またミノキシジルは、内服薬の場合は、動悸・息切れなどの循環器症状がみられることもあるほか、外用薬(塗り薬)の場合は頭皮のかぶれがみられることがあります。

項目 料金
初診料 3,000円
再診料 1,000円
品名 料金
プロペシア
(先発品)
1mg
(28錠)
8,800円(税込)
フィナステリド
(ジェネリック)
1mg
(28錠)
6,000円(税込)
サガーロ
(先発品)
0.5mg
(30錠)
9,800円(税込)
デュタステリド
(ジェネリック)
0.5mg
(30錠)
7,600円(税込)

巻き爪治療(巻き爪マイスター)

巻き爪(陥入爪)は足の爪の左右の先端が過度に湾曲してしまった状態を指し、主に軽度、中等度、重度とに分けられます。特に親指の爪に見られ、肉に食い込んで痛みがみられていると陥入爪と診断されます。原因としては、ハイヒールなどきつい靴を履く、締め付けの強い靴下やストッキングを長く使用することでの圧迫や、逆に緩い靴を履き続けることで開帳足や外反母趾になり、それにより爪に横からの力が加わって、巻き爪になることもあります。この他、骨の変形や乾癬・爪白癬等の病気、さらには遺伝的なものまで、原因は多岐にわたりますので、上記のような症状があれば一度、ご受診ください。

巻き爪の治療に関してですが、炎症や肉芽が起こってしまっている場合は、抗菌薬の外用や内服を使用します。重度の場合は手術による治療やレーザーが必要なこともあり、当院で対応できない場合は対応可能医療機関へご紹介させていただきます。経度~中等度の場合は矯正治療が中心で、テーピングやコットンパッキング、巻き爪矯正ワイヤ等を用います。

なお爪の過度の湾曲を改善するための矯正器具というのは、いくつか開発されているのですが、当クリニックでは「巻き爪マイスター」という器具による矯正治療を行っています(自費診療)。これはコイルバネに内蔵された超弾性合金ワイヤの弾力性を利用したものです。比較的短時間で爪側縁部に装着が可能で、安全性も考慮された設計になっています。通常のワイヤを使用する方法よりも爪の形がでこぼこになりにくいといった利点もあります。
状態等により適応・不適応もありますので、まずはご相談ください。

項目 料金
巻き爪マイスター 8,800円(税込)

巻き爪マイスターの詳しい説明はこちら